男性ホルモンを増加させるためには米国では何が??

 

本日は男性ホルモンを増加させるためのテストステロンについて面白い情報が

はいりましたので紹介しますね。

 

テステステロンは男性ホルモンの別名です。

このテステステロンが多く分泌されれば、

・性欲が高まる

・バイタリティが高くなる。

・声が低くなる

・ペニスが大きくなる

の効果が出てきます。

matcho

男性と銘打っていますが、女性に対してもこのホルモンは有効です。

 

男性ホルモンが多い女性はエロイのです。(ガーン)

12272015-3

 

そこで、テストステロンを増大させるための、方法を以下の通りまとめていきますね

 

 

以下はDon Gauvreau, MSc, co-founder PharmaFreak の情報からとりました。

 

 

テストステロンを増大させるためには何が必要か?

 

1. Eat more fat(脂肪分をより多くとろう)

欧米圏では太るもとになる食物をFATと言っています。

高脂肪の食品などがFATという分類になっており、低脂肪に調整した食品を

LOWFATという分類にしています。

 

高脂肪食→High fat

低脂肪食→Low fat

 

という分類です。

 

高脂肪食と低脂肪食を比べると男性ホルモンの増加が多く見られたのは

高脂肪食の方でした。

生活習慣病予防の食事とはかなり違ってきますね。でも最近では、

コレステロールが必ずしも体に悪いものではないという新聞報道も見られるように

なってきましたね。

02152016

 

2.Consume more zinc and vitamin D

亜鉛とビタミンDをたくさん採りましょう

 

Zincとは亜鉛のことです。

それとビタミンDです。

 

3.Stick with multijoint movements in the gym(多関節トレーニングを多く行おう)

筋力トレーニングのレベルは男性jホルモンのレベルを引き上げるようです。

フリーウェイトを使用した、トレーニングを集中的に行うことでレベルが上昇します。

筋トレの中身として推奨されているのは、スクワット、ベンチプレス、デッドリフトなど

の代表的な筋トレです。フリーウェイトを使った筋トレには種類がたくさんあるので

お好みに応じたものを選んでいただいてもOKと思います。

muscle

 

4. Shorten your rest periods(休憩時間を短く)

筋トレをされている方はよくご存じかと思いますが、筋トレははっきりいって疲れます。

筋力を使うので当然かと思います。逆に疲れない筋トレなどやる意味はないと思います。

管理人なんかもそうでしたが、10レップやるとふらふらになり、休憩を5分以上とってしまいます。

最新の研究結果によりますと、1時間を超えるトレーニングを行った場合の男性ホルモンは

減少傾向がみられたようです。

 

5.Get more sleep(たっぷりの睡眠をとれ!

 

短すぎる睡眠は男性ホルモンの減少を招くことが最新の研究では示されています。

7-9時間の睡眠がお勧めとのことです。

 

短時間での筋トレが結構男性ホルモンの増加に有効であることがわかりました。筋トレを行う時は短時間で!!

コメントを残す