ペニス増大の原理について

今日はペニスは何でできているのか?に関してお話したいと思います。

 

ペニスは2本の陰茎海綿体と、一本の尿道海綿体でできています。

ペニスの構造の中でよく出てくる海綿体という言葉ですが、これはいったいなんでしょうか?

精力 (3)

カイメンタイ???? 海の綿? よくわからない?????

 

あらためて聞かれるとよくわからないものですが、

 

Wikipediaより以下のとおり引用してみます。

 

陰茎の内部には、左右1対の陰茎海綿体と、その下側を通る尿道海綿体の、計3本の海綿体が通っている[2]。 2本の陰茎海綿体は根部で左右に分かれ、陰茎脚を形成しており[2]、尿道海綿体は中に尿道が通っている[2]。 海綿体は、体内の会陰部から陰茎の先端まで続いており、陰茎の大半を構成している。陰茎の先端まで続いているのは尿道海綿体であり、根側では尿道球部を、先端では亀頭を形作っている[2]。海綿体は白膜と呼ばれる強靱な膜で包まれ、それを更に陰茎筋膜、浅陰茎筋膜が包み、その外が皮膚となっている[2]

海綿体の内部は、蛇行する静脈洞が密集してスポンジ状になっており[3]副交感神経を通じて、陰茎深動脈からの血流が調節されている。性的興奮やその他の生理現象により、静脈洞への血流が多くなり、海綿体は血液で満たされて膨張して硬くなる。また、それと同時に海綿体表層部の導出静脈が圧迫・閉塞され、海綿体からの血液の流出が阻害される[3]。これにより、陰茎全体も膨張して硬く変化する。これを陰茎の勃起と呼ぶ。勃起時に最も硬くなるのは陰茎海綿体であり[要出典]、精液通路(尿道径)の確保のため、尿道海綿体は比較的柔らかいらしい。

 

チントレ④

いろいろ調べた結果、海綿体という名称は海の生物の名前ではなく

ペニスの内部を説明するのにでてくる名称のようです。

02062016

要するにスポンジのようなものであると考えたほうが良いです。

 

スポンジは水を吸収すると大きくなりますよね

 

ペニスの海綿体には空洞がたくさんあり、空洞に血液が流れ込んで海綿体はおおきくなったり、硬くなったりします。

 

要するに伸縮自在ということです。

 

ペニスを増大するためには何をすればよいのか?

ペニスは伸び縮みする海綿体でできています。

 

風船のようなものですね。風船は最初膨らませるのにパワーがいりますよね。

管理人も経験がありますが、買ったばかりの風船は相当力を入れないと膨らませることはできません。

耳が破裂しそうになります。(イター)

02062016-1

でも最初のうちに伸びる癖をつけておけば、2回目に膨らませるのは比較的楽になりますよね?

 

最初のうちに風船を引っ張っておいたりすればよいのです。

 

 

そのためにはなにをやればいいの???ということですが。。

 

まず最初に考えられるにのは風船を膨らませるときのように、風船を引っ張ることですね。

ペニスの根元から指を移動させて亀頭をパンパンにふくませていくなどのチントレが

いいですね。

 

ペニスの血管を太くするサプリメントもあります。

このブログのトップページに紹介されていますので、ごらんになってみてくださいね

コメントを残す