ペニス増大手術のデメリットについて

知恵袋で見かけた、ペニス増大手術に関する質問

Yahooでおなじみの知恵袋で見かけた質問で興味深い質問が出ていました。

内容は、、、

「ゼファルリンを購入しようと考えています。このサプリメントは良いのでしょうか?」

サプリメントの服用をやめたらもとに戻ってしまうのでしょうか?」というものです。

 

ある人が回答されていました。

サプリメントとはいえ、高価なものなので最初からペニスの悩みに対応した美容形成外科で相談されたほうがよいかもしれません。私は亀頭部分にヒアロルン酸の注射をしました。

当然のごとく見た目も良くなりましたが、性行為に満足する度合いも高くなりました。

というものです。 亀頭増大手術への誘導記事かな?とも思いましたが、、、

images

 

ネットや新聞などのマスコミでけつっこう宣伝している、ヒアルロン酸でのペニス増大術。

ここで改めて、ヒアルロン酸とはなんなのか。改めて確認しておきますね。

 

ヒアルロン酸とは2000年代に美容目的で称されることが増えている成分です。

しわを埋めたり、溝を盛り上げたりするために皮膚に充てんする物質を皮膚注入剤と呼んでおり、代表的なものとしては、コラーゲン、ハイドロキシアアパタイトがあります。

ヒアルロン酸は体内で自然につくられて加齢とともに減少していく製品であることから

身体との馴染みも良く、注入剤として頻繁に使用されているようです。

 

ヒアルロン酸の他にもよく見かける成分としてはコラーゲン、アクアミド、バイオアカミド、レディエッセなどが見られます。

 

管理人が上記のペニス増大手術をチェックしてみてわかったことは、

 

  • 増大手術は一回行うことに10万円程度の金額がかかってしまうこと。

 

  • 注入成分が吸収されてしまうケースが多いこと

せっかく注入された成分が体内に吸収されてしまい、高額で治療をおこなった手術の

効力が持続しなくなってしまうことです。

 

  • 手術後の性交が禁止されていること

少なくとも3日は禁欲が要求されるケースが多いようです。

我慢できる人にはいいのですが、我慢できない人にはけっこうつらいかもです。

 

  • 内出血の問題

結構な確率で、内出血が起こったり、注射のあとが数週間残ったりするケースがあるようです。

 

  • 痛み

麻酔を行った後、注入材を体の中に入れていきますが、当然のことながら麻酔は注射なので痛いです。管理人の場合採血の針を刺すのも痛いので、この施術は遠慮したいです。

 

以上簡単にまとめておきました。増大手術を行うときはこの辺をわきまえておく必要が

ありそうですね。

 

注射 (2)

コメントを残す